今、巷をにぎわしている「Amazonベンダーエクスプレス」。

Amazonベンダーエクスプレスとは、簡単に言うと事業者自身がAmazonの仕入先としてオンライン上で登録できるサービスです。

地方の事業者や小規模事業者、個人事業主でもAmazonに商品を卸せるようになるとのこと。

amazonが商品を買い取ってくれるのでこちらで在庫を抱えなくても良いし、発送や返品、お客様の対応もすべてamazonがしてくれるそうです。

その分、自分で販売するよりも利益率は下がるのですが、自分でやる手間を考えると相当ありがたいサービスです。

chiloriPavishのiPhoneケースを販売しているので、是非このAmazonベンダーエクスプレスを試してみたいと思いました。

というわけで、オンライン上からアカウント作成し、必要書類(開業届+GS1事業者コード(JAN企業コード)登録通知書)をアップロードすると、オンライン上から商品登録できるようになりました。

商品登録するにあたり、商品の重さを量るためのスケールなどを購入したりと準備をしていたところ、アカウント登録してから約1週間たった今日、amazonから以下の内容でメールが届きました。

Amazonベンダーエクスプレスにお申込みいただきありがとうございます。

お取引先様から提出された書類を審査した結果、お取引先様のアカウントは否決されました。恐れ入りますが本件否決は最終の結論となります。

今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

ベンダーセントラルチーム
Amazonベンダーエクスプレスサポート
https://vendorexpress.amazon.co.jp/

Amazonベンダーエクスプレスの利用の説明を読んで、amazonに無料でサンプル商品を提供して、amazonが一定期間販売してみて(テスト販売)、売れたら買い取ってあげる~みたいな流れだと認識していたのですが、まさか商品を見てもらうまえに、断られるなんて!
たしかにchiloriは大きい会社じゃないけどさっ。

【参考ページ】
https://vendorexpress.amazon.co.jp/help/topic/201531290

まあいいです。
Amazonベンダーエクスプレスだと、販売価格もamazonに決められるので、ブランドイメージをくずされるかも知れないですしね。(すっぱい葡萄)

せっかくJANコードを取得したので、amazon大口出品でもしてみようかなと思っています。

今なら3か月間、月額固定料金4980円が無料らしいですし。

って、また登録自体させてくれなかったりして!

その時はもうamazonで商品を買いません。(ウソです。)

【追記】
アカウント登録してから2か月後くらいに、amazonの方から直接お電話をいただきました。
なんと「Amazonベンダーエクスプレスに、再度申し込んでくれないか。」という内容でした。

アカウント作成してから書類提出するまでに時間がかかった場合など、ささいな理由で否決のメールが自動的に送られてしまっていたとのこと。

すごくご丁寧に謝罪&ご説明してくださったので申し訳ないのですが、私の方の状況もテンションも変わってしまったため、再度申し込みはしない予定です。

お世話になりました!